オリジナル服/小物を製作・販売しております


by fuseblog

タグ:九州旅行 ( 2 ) タグの人気記事

福岡旅行報告>最終回


翌朝、
お隣の『臼杵市』まで移動し、
丘の壁面に、平安〜鎌倉時代に彫られた『4群60体の石仏の彫刻』を見ながら朝のお散歩>>

b0136028_13393655.jpg


普段は散歩とかする事がない俺も、今回の旅の間ちょっとした習慣になり、
のどかな風景を見ながら、すれちがう人と挨拶を交わしながら
道ばたに無造作に作られた『無人販売所』で『かぼす』を買ったりして。。

b0136028_13412552.jpg


さて大分といえば、
『別府』『湯布院』などの温泉街。。
今回は『別府』に立寄り、
8カ所ある熱湯/熱泥や、噴気があがる一帯を回ってみる
観光スポットになっていて、『地獄めぐり』というらしい。。

ここでも、勝手にツアーの一員に混ざり、ガイドさんの説明を聞いたりしてみる。。(笑)

b0136028_1342150.jpg


b0136028_1342243.jpg


昨日から、『戦争』『神々の地』『石仏』を見た後、
とうとう『地獄』まで見る事になってます。。俺ス(▼皿▼)y-.。o○

別府でのんびりしたあと、高速に乗り福岡へ>>
あら。。ゴールの久留米まで、意外とあっさり着きそうな。。

気分が変わり、
どうせなら福岡の端っこまで行ってみるか。。としばしドライブ>>
北九州の文字が見え、そろそろか。。と思っていると、急に目の前に橋らしきものが>>

お〜〜〜(*○*)(*○*)(*○*)

b0136028_13431796.jpg


ココは下関
。。山口県にきてしまいました(´゚ω゚):;*.':;ブッ

九州一周どころか、本州の端っこまで到達ヾ(≧▽≦)ノ

。。なにやってんだか

。。ま、せっかくなので開き直って、近くの市場らしき所で今夜のつまみでも買ってみる

その後、無事久留米に帰還
レンタカーも返し、病院から帰ってきていたNew Faceも含め、
しばらくぶりに家族と再開
ここはまだ福岡なので、
やっと帰って来た〜と感じるのは、気のせいでした(笑)

。。で、宴会ヾ(-_- )ゞヽ(~-~ )ノ /(._.>((~-~)ノ

4泊5日/車の移動メーター>約1,500kmの 一人旅

b0136028_13443539.jpg


短期間ながら、かなり充実した時間が過ごせて大満足でした
それより、この旅でお会いした方々、お世話になった方々>>
ありがとうございました(^人^)

『感謝!』

翌日、
産後の身の回りのお手伝いをする事になっている嫁、子供を残し
また一人、仙台へ>>


b0136028_1345447.jpg


なにかあると撮影するクセがついてしまい
仙台『光のページェント』とか、今更ながら初めて撮影してみる。。
あらためて見てみると。。結構綺麗なもんです

さらに翌日>
数時間で10℃近い気温差にやられ、すっかり風邪を引いてしまってました。。俺でした

(;≧Д≦)y─┛ゲホッ

(終わり)
[PR]
by fuseblog | 2009-12-21 13:49 | 日記

九州旅行報告 6日目


鹿児島の朝>>今回の旅でやっと太陽が見えました
夕べ、宿に着いた時には暗くてわからなかったのですが、
すぐそばの海沿いからは『桜島』が見える所でした(*○*)!!

b0136028_13432665.jpg


つい、頭の中で長渕剛の歌が流れてました(笑)

朝イチの見学先は、鹿児島でも下の方にある『知覧』という所です
九州に来て、地元の人に何回か”おすすめの場所”を聞きましたが、
知覧『特攻平和会館』は泣ける。。と何人かが言っていて、是非行ってみようと思った場所でした

太平洋戦争末期、
片道分の燃料しか積まずに自らが爆弾として突っ込んで行った、
若い隊員さんの資料を展示しているという事だから。。と思っていました

あと数分で開館、
とチョット早めに到着してしまったので、周りを散歩>>
すると、掃除をしていたおじさんが
『何処からきたの?』と話しかけてくれたので、ちとお話。。

仙台から来たと言うと、
数年前仙台からここまで歩いてきて、
しばらくココの木の下で寝袋で泊まって行った学生さんがいて、
何年か後に、某一流企業で頑張って偉くなったらしいよ。。とか

ちょっと話が長くなりそうだったので、
『じゃあ、また。。』と開館した建物へ (´・ω・`)/

b0136028_1344033.jpg


館内撮影はNGらしいので画像はありませんが、
入り口付近には、海から引き上げられた飛行機があったり
模型や貴重な資料があったりしましたが、
さらに中に入ると、15〜20代前半で散っていった隊員さんの、
突撃前日の笑顔の写真や、遺書
家族、兄弟にあてた手紙、絶筆。。

『泣ける』というより、勝手に泣いてました。。
正しくは、一人で泣いてるのも。。と思って、我慢して。。鼻水垂らしてました

館内の様子は、なんとも文章では表しづらいので。。
もし機会があったら是非行って見て下さい、貴重な空間だと思いました。。


会館を出て、車に向かっていると
『どうだった?』と声が
見てみると、ツアー客などの記念写真を撮る写真屋さん。。

『ん?』
朝イチで話しかけてくれたおじさん、
掃除のおじさんじゃなくて写真やさんだったのね。。(・ω・ノ)ノ
20数年、この場所で色々な人達を見てきたという話好きなおじさんと、
またちょっと立ち話、握手して別れました

また俺みたいに、一人で見にきた奴がいたら話かけてやって下さい。。( ・∀・)ノ

**************************************************************************************

さて、次の目的地は
以前TVで見て、今回の旅で絶対行きたかった場所
宮崎県の『高千穂』天孫降臨の里です

知覧からはだいぶ距離がありますが、ここは勢いで>>

今までの移動は、大体が高速道路使用で、
何となく時間が読めましたが、
九州自動車道。。何故か宮崎県だけ途中が繋がっていないので、
何とか明るいうちに着こうと、もう一回熊本まで戻り>>
寄り道なしでただひたすら。。移動

途中、天気は晴れたり、曇ったり、雨だったり。。先行き不安だったものの、
願いが通じたのかどうなんだか、
とりあえず、現地は晴れ>明るいうちに到着です ( ̄▽ ̄;)

天孫降臨の地をぶらぶら探索した後、
その中でも、さらに今回の目的のメイン
●『天岩戸神社(アマノイワトジンジャ)』
高千穂の神話の中心地となる所で、
『天照大神(アマテラスオオミノカミ)』を祀っている神社です

b0136028_1345818.jpg


●『天安河原』
天照大神が天岩屋戸に隠れ世界が暗黒に包まれた時、
八百万の神々が集い、審議が行われた場所

b0136028_1346061.jpg


をさらにじっくりと探索。。
『天安河原』は、また独特の神秘的な空気に包まれている不思議なスポットで、
河原にある石を積むと願いがかなうらしく、
数えきれないくらいの石が積んである光景も不思議な雰囲気でした。。

なんとなく空気感が違うその場所で何回も深呼吸をした後、
さて。。帰ろうと2・3歩歩いた足元に、
何故か石ころが転がってきたので、
その積んである石のひとつに仲間入りさせてみました(・∀・)

************************************************

レンタカーは、明日の夕方返却
最終宿泊地は『高千穂』とも思いましたが、
結構、山の中なので明日の事も考え、
暗くなるまで移動してみる事に>>

山を下り、しばらくするといつの間にか『大分県』に入っていました
その後、ちょっとして暗くなってきたのでこの辺で。。

大分県津久見市、海の街でした
相変わらずの素泊まりで、今回は港の近くの料理屋さんにて。。

知らない街のお店でのカウンター席はやっぱ、いいもんです
なんか。。大人なカンジがします(笑)
ここでも、お店の親方、隣の席の地元の方とお話>>

(画像)料理は『かさごの揚げ物』
『ほご(まぐろの頬肉)』、『リュウキュウ(あじのズケのような料理)』
リュウキュウは、この日色んな魚INバージョンで出してもらいました。。

b0136028_1347327.jpg


で、
ここで画像ではわかりませんが今までと何か違います

焼酎が。。。。。。。麦です\(・_\)(/_・)/

九州は、場所によって『芋』『米』『麦』とメインの焼酎が違ってきます
話には聞いていましたが、やっぱホントでした(o^皿^)\

親方さん、隣の席の常連さんお世話様でした〜
ドラクエ頑張って下さい〜(笑)

大分県津久見市 海部料理 『橘』さんでした


この日は一日、精神的にも肉体的にもガッツリやられました。。爆睡

(一人旅最終日>九州〜仙台に続く)
[PR]
by fuseblog | 2009-12-20 13:49 | 日記